teru_0x01.log

技術メモと雑記

Rustにっき/2日目・基本の型

今日もやっていきます。型のお話です。

Rustの型

概要

Rustは静的型付け言語であり、暗黙的な型変換をほとんど行わない強い型付けを行う言語です。強い型付け言語と言えばPythonJavaなどがありますが、その中でも特に厳密な型の整合性を要求します。

int + float → エラー?

例えば、以下のようなコードはそもそもコンパイルが通りません。

assert_eq!(1 + 1.2, 2.2);
Compiling playground v0.0.1 (/playground)
error[E0277]: cannot add a float to an integer
 --> src/main.rs:2:18
  |
2 |     assert_eq!(1 + 1.2, 2.2);
  |                  ^ no implementation for `{integer} + {float}`
  |
  = help: the trait `std::ops::Add<{float}>` is not implemented for `{integer}`

intとfloatを足し算する時であっても、暗黙的に型変換を行いません。正しくは以下のようにasを用いてキャストを行います。

assert_eq!(1 as f32 + 1.2, 2.2);

if x {} → エラー?

この他にも、ifやwhileなどの条件式は必ずbool型である必要があります。以下のような記述はコンパイルエラーになります。

let x:u64 = 3;
if x {
  print!("true");
}
   Compiling playground v0.0.1 (/playground)
error[E0308]: mismatched types
 --> src/main.rs:3:4
  |
3 | if x {
  |    ^ expected bool, found u32

正しくはこう

let x:u64 = 3;
if x > 0 {
  print!("true");
}

型いろいろ

変数の定義

変数名の後に型を書いて定義します。

let x: u64 = 3; // 64bit符号なし整数
let y: i64 = -2; //符号あり

型推論

rustには型推論の機構が備わっており、上の変数定義は以下のように書くこともできます。

let x = 3; 

この場合、xはi32(符号あり32bit整数)と推論されます。

整数リテラル

整数リテラルには2u16のように後ろに型をつけます。なんだかキモいですね。2_u16のようにアンダースコアで区切っても良いです。整数はpowabsのようなメソッドを持ちますが、その際には型を明示する必要があります。

assert_eq!(2u16.pow(2), 4);
assert_eq!((-4i32).abs(), 4); //.abs()の方が優先度が高いので括弧で囲む

文字

文字はchar型です。C言語とは異なりUnicodeの1文字を表現するので、32bitの値を持ちます。シングルクオートで囲むことで表現できます。

タプル

タプルは配列とは異なり異なる型の値を格納することができます。

let t = ("sheep", 1);
// t.0, t.1としてアクセス

定数アクセスしかできないという制約があるため、iを変数として、t.iのようなアクセスはできません。

今日はSecHack365の説明会などで時間があまり取れなかったので、この辺りで。