teru_0x01.log

技術メモと雑記

Go

はてなのサマーインターン2020に参加してきた

8/24~8/28の5日間,Webに関する豊富な講義と京都観光で有名なはてなのインターンに参加してきました.

GoアプリケーションからAWS SecretsManagerの値を取得

EC2にデプロイされたGoのアプリケーションからDBのアクセス情報を受け取って使うときのメモ

TerraformでGKEにクラスタを構築+Goのアプリケーションデプロイ

InfraStudyのIaC回に触発されてTerraformを触ったので構築めも

Dockerのマルチステージビルドで,Alpine Linuxを使った時にno such file or directoryになる

状況 GoのプログラムをDockerのマルチステージビルドを利用してビルドして,バイナリ実行用のイメージを作成することを考える.この時,バイナリ実行用のコンテナイメージのベースとしてAlpineを指定し,そのイメージをdocker runした際に次のようなエラーが…

VSCodeでGoをいい感じにフォーマットする

Go

普通はFormat Toolにgoimportsを指定すれば終わるはずだけど,上手くいかないのでなんとかするメモ

GolangでTCPエコーサーバを作る

golangを使って普通のエコーサーバを作成する.

go modulesを使う

Go

公式ドキュメントである"Using Go Modules"*1のまとめ *1:https://blog.golang.org/using-go-modules

WiresharkでQUICパケットを復号化して眺める

有名なQUIC実装であるquic-goとQUICheについて書きます 環境 必要なもの keylogファイルについて QUIChe quic-go Wiresharkについて draft-24に対応するWiresharkをインストール パケットを復号 参考

【Golang】 package XXX: unrecognized import path "XXX" (import path does not begin with hostname)になる時

Go

Goをアップグレードしたら治った $ brew upgrade go 「GOROOTをいじれば治る」と言った記事もあるけれど自分の場合は修正後次のようになってる $ echo $GOROOT $ go get GOROOT /usr/local/Cellar/go/1.13.4/libexec

【Go】ワンライナーでオレオレ証明書作成

Go

mac用です sudo go run /usr/local/opt/go/libexec/src/crypto/tls/generate_cert.go --host `hostname`

GitHubじゃんけんのバックエンドをGoで書き換えてherokuにデプロイした

GitHubじゃんけんというwebアプリがあったのを覚えているだろうか... それのバックエンドをGoで置き換えてherokuにデプロイしたのでその時のメモ