電気ひつじ牧場

技術メモと日常のあれこれ

旅行記【箱根・下部温泉編】

8~10月の間ずっとインターンやら何やらをしていて休みという休みがなかったので,3密に気を付けながらgotoしてきました.自分が5年後くらいに見返して懐かしむ用の記事なので内容は期待しないでください.

前回↓ cha-shu00.hatenablog.com

通ったルート

f:id:cha-shu00:20201111204009p:plain
東端から時計回り

超雑にかくとこんな感じです.大田区の自宅から箱根まで行って一泊し,富士山をぐるっと回る形で帰ってきました.(赤いラインが内側にのめり込んでるあたりが箱根)

1日目

狙ったかのような快晴で,自宅近くの駅からでも富士山の山頂がはっきりと見えてました.近くだともっと見えるかもという期待を胸にとりあえず小田原へ.

f:id:cha-shu00:20201111205327j:plain
新幹線も止まる大きな駅

ここから箱根登山鉄道という列車に乗ります.日本で一番(世界でも2番目)勾配のキツい坂がある路線だそうです.

酷い写真ですがこれは先頭車両からの眺めで,トンネルの中にいる時のものです.目で見てわかるレベルの坂は電車にとっては急勾配らしい.

f:id:cha-shu00:20201111210014p:plain
トンネルが多い

f:id:cha-shu00:20201111210401j:plain
信号場で進行方向を変える.このようなスイッチバックを3回繰り返して山頂まで登っていく

箱根登山鉄道の終点,強羅駅にあるこれは「手湯」らしいですが即死トラップなので触る時は覚悟しましょう.カップラーメン作れるレベルで熱かったです.

f:id:cha-shu00:20201111212112j:plain
測ってないけど軽く100℃は超えてると思う

小田原→強羅(箱根登山鉄道)→早雲山(ケーブルカー)→桃源台(ロープウェイ)→芦ノ湖(遊覧船)が箱根ガン決まりルートらしいですが,寒かったのと曇ってたので*1船には乗りませんでした.晴れてれば湖上から富士山がきれいに見えるようです.

f:id:cha-shu00:20201111211051j:plain
ロープウェイの上から見える火山と硫黄

行ってみて初めて知ったのですが,桃源台のある芦ノ湖第3新東京市としてエヴァに登場します.町おこしコラボをやっていました.

f:id:cha-shu00:20201111211519j:plain
新劇場版が来年1月公開です!!!!!!!!!!!!

f:id:cha-shu00:20201111211710j:plain
セントラルドグマ(遊覧船チケット販売所)に通じている

ススキが無限に群生している場所(仙石原すすき草原)を経由して宿に向かいます.今回は前回のような民宿ではなくKKR宮ノ下という旅館を利用しました.美味しい料理と温泉で下がりきったHP/MPを全快させます.

f:id:cha-shu00:20201111212714j:plain
海だべがと おら おもたれば やっぱり光る山だたじゃい(宮沢賢治 「高原」*2

f:id:cha-shu00:20201111214545j:plain
あわび初めて食べた

f:id:cha-shu00:20201111232351j:plain
良い部屋.自宅の1Rに帰る気が全て失せた.

https://www.kkr.or.jp/hotel/list/miyanosita/

2日目

2日目は富士山を車窓から見ることがミッションです.小さい時に家族と富士観光した事があるのですが,曇天で1ミリも見えずとても悔しかった記憶があります.果たして今回は・・・?

f:id:cha-shu00:20201111215931j:plain
/^o^\フッジッサーン

見えました!!写真だと見慣れてると思うのですが生の富士はやっぱり迫力が違いました.機会あればもっとふもとで見たいですねー.

この時乗ったのは富士山の西側を南北に縦断している身延線です.富士山の見える区間富士川の見える区間があり,自然をたっぷりと味わえる良い路線でした.

途中下部温泉といういかにも温泉に入れそうな駅があったので下車しました.

f:id:cha-shu00:20201111221120j:plain
「しもべ」温泉駅と読む.駅員はいない

芦ノ湖に続いてここも来てみて初めて知ったのですが,「へやキャン」の聖地らしいです.

f:id:cha-shu00:20201111222029j:plain
左:店に展示されていた「へやキャン」8話のシーン.右:下部温泉駅前

非常に趣のある温泉街でしたが,廃業や無期休業となっている宿屋も多くありました.廃業したものも含めて宿屋の数がとても多く,かつては賑わっていた事が想像できます*3

f:id:cha-shu00:20201111231720j:plain
温泉街とは思えないほど川の水が綺麗だった

f:id:cha-shu00:20201111222646j:plain
この通りには宿屋が密集していた

通りから外れたところにある小さな社の脇に山道らしきものがありました.クマが出てきたら嫌なので絶対行かないぞと思ったのですが,道標にある「大すべり台」が気になりすぎてつい進んでしまいました・・・

f:id:cha-shu00:20201111223059j:plain
手入れはされてなさそうだ

なんと,本当に滑り台がありました.脇には劣化して壊れたソリが捨てられてあります.

f:id:cha-shu00:20201111223743j:plain
遊ぶ子供はいない

f:id:cha-shu00:20201111223611j:plain
グリーンジャンボ」の宝くじ感は異常

せっかくなので登ってみました.

f:id:cha-shu00:20201111223854j:plain
それなりの高さがある

いや結構高いな!そりで降りるにしてもかなりのスピードが出そう.かつてはここで遊ぶ街の子供たち,もしくは観光客の家族がいたのでしょうか.今ではその影はどこにも見当たりません.相当奥まった場所にあるため,今となっては地元の人以外に知られることはないでしょう.昔のこの街の姿を自分だけが一部垣間見る事ができた気がして,謎の優越感に包まれていました.

と思ったら意外と最近の観光客にも知られていることをさっき知りました.

【下部温泉の大すべり台・グリーンジャンボ】山の中に出現!よく滑るスリリングなすべり台で遊ぼう│やまなしファン

ぬる湯の下部温泉④スリルの大すべり台 | うさぎくらぶ

そこそこ有名みたいですねはい

そんな感じで下部温泉を後にして甲府ほうとう食べて大田区に帰りました.おしまい.*4

f:id:cha-shu00:20201111225700j:plain
初めてのほうとう.太い味噌煮込みうどんと言ってはいけない

終わりに

東京に越してきてから初めての旅行でした.ここでは自宅から電車を2時間くらい乗っても札幌駅から電車で15分くらいの光景がずっと続きます*5.東京都市圏の巨大さを実感した旅でした.

f:id:cha-shu00:20201111230747j:plain
下部温泉で買ったおみやげ

*1:午前中はよく晴れてたんだけどね・・・山の天気は変わりやすい・・・

*2:本ポストの教養マウントその1である.ススキの穂が日光に反射して銀色に輝き,海のように見える光景を詩にしている.晴れていれば海のように見えるんだろうかと小学生の時に教科書で見たこの一説を思い出していた.

*3:私の来た時期が悪かっただけで,現在も実は賑わっていたらごめんなさい

*4:書くのがめんどくさくなったのではなく,実際食事以外何もしてない上に電車も普通なので語れる事がない

*5:見てもあまり面白くない住宅街がずっと続く,ということ