電気ひつじ牧場

技術メモと日常のあれこれ

ホスト側のVSCodeでVagrant環境内のファイルを編集する

GUI環境の無いVMに存在するファイルを編集する時にホストのVSCodeが使いたかったのでメモ

環境

拡張機能のインストール

f:id:cha-shu00:20190822123239p:plain

これを使います。

設定

  • VSCodeのコマンドパレットでsshfs createと入力し、サジェストされた「create a ssh fs configuration」を選択

  • Name、Locationを適当に決める。(ワークスペースごとに接続を切り替えたいならWorkspace settings.jsonを選択)

f:id:cha-shu00:20190822123626p:plain

  • 追加の設定が聞かれるのでHost, Port, Root, Username, Private Keyの項目を入力。Root/home/vagrant/path/to/targetdirその他は vagrant ssh-configで表示される項目を入力

f:id:cha-shu00:20190822123937p:plain

  • saveを押す。VSCodeの左側、プロジェクトのファイルなどが表示されるエクスプローラの下にSSH FILE SYSTEMSという項目から接続したいホストを右クリックして接続。エクスプローラVMのファイルが表示される。